プラステンアップとアスミールは対象年齢が違うから知っておかないと間違った飲み方をしてしまう。
プラステンアップとアスミールの飲む時期を間違えない為の情報になるので読み進めてください。

プラステンアップとアスミールの大きな違いは「対象年齢」です。

プラステンアップは中高生を対象としている成長サプリメントですが、アスミールは小学生くらいまでを対象にしたものです。

なぜ小学生と中高生では同じ成長サプリメントでも飲む時期が違うのかというと、それは成長に必要な栄養素の量が深くかかわっています。

カルシウムと亜鉛の摂取量で比べてみましょう!

カルシウム量の場合

6歳は600㎎
14歳は900㎎

※約1.5倍もの量を摂る必要がある

亜鉛量の場合

6歳は5g
14歳は9g

※約2倍もの量を摂る必要がある

中高生は大人への階段を上り始める時期に差し掛かるため、小学生の時と体格が大きく変わってきます。
それに伴い、必要な栄養素の量も変わっていきます。

なのに、幼少期から小学生までの子と中高生の成長サプリメントが同じもので賄えるはずがありません。
その年齢の成長期に合った栄養素と栄養量が必要になって来るのは当然のことです。

だから同じ成長サプリメントだとしても、アスミールは小学生までが対象となりプラステンアップは中高生に特化したものとして両方とも多くの方に飲まれているのです。

成長サプリを飲む時期を間違えない為に…

大きく成長するために理想的な飲み方としては、小学生まではアスミールを飲ませて、小学6年生も後半になり始めた頃からプラステンアップに移行していくというのが理想的です。
プラステンアップ

飲み続けることが大きく成長できるコツになりますので、途切れることなく飲み続けることをおすすめします。

ずっとアスミールを飲んでいてココア味で美味しいからと言って中学生になってもアスミールを飲みたいと思うお子さんもいらっしゃるでしょう。
しかしそれでは栄養量が足りなくなるので、中高生に必要な栄養素を1日1杯で摂取できるプラステンアップに移行して頂きたいのです。

また、より効果的な飲み方としては「食後から就寝2時間前」までに飲むことをおすすめします。

寝ている間に成長ホルモンの分泌が多くなります。
特に最初の深い眠りのノンレム睡眠の時に一番多く分泌されるので、ここにフォーカスします。

そうすると「食後から就寝2時間前」までに飲むのがベストであることが分かります。
丁度栄養が体内に入り、消化も終わって吸収されていくタイミングなので、この時間帯に飲むことをおすすめします。

>>キャンペーン中の公式サイトでプラステンアップをお得にGET