子どもの身長や成長に関係することのひとつに「親の喧嘩」があります。

夫婦喧嘩が?と思うかもしれませんが、子どもの精神面に影響があるので成長に大きくかかわってきます。

実際に家庭環境が良好な子どもとそうでない子どもの身長を比較すると、平均身長に差があるのです。

精神的に不安定だと、成長ホルモンの分泌量が悪くなります。

成長ホルモンは身長を伸ばすのにはなくてはならないホルモンなので、精神的なストレスが多い環境で育つ子供は身長が伸び悩んでしまうのです。

生活の中で子育てや他のことで夫婦が衝突することは多々あります。

しかし、子どもにとってそれの成長に大きく左右するのであれば、夫婦喧嘩などの子どもの精神が不安定になってしまうことは見せないようにしましょう。

身長を伸ばすのには、食事や運動も必要ですが、ストレスや精神が不安定にならない環境を作ってあげることも大切です。

成長ホルモンの分泌量を減らさない、できるだけ増やせる環境づくりを心がけましょう。

52.親子で身長コンプレックスは向き合おう

身体的なことはある一定の年齢になると急に気になりだすものです。

身長もそうですが、男女ともにコンプレックスになり「背が高くなりたい」と悩む子も増えてきます。

しかし、それを親に言っても流されてしまうこともあれば、言えない子も。

子どもの身長を伸ばすのは、子どもだけでは難しいことです。

もし学年で一番背が低く、他の子や平均身長と比べて明らかに背が低い場合には低身長の可能性もああります。

これに気づいて早めに医師に相談をすれば、早期治療が可能になって、より早く改善できることも考えられるのです。

また、食事や睡眠、運動も重要になりますが、これらもひとりでは難しいです。

食事も親が意識して料理をし、間食や睡眠、運動などはサポートしてあげることで良い環境づくりができます。

小さいうちは母子手帳の成長曲線を確認して、明らかに平均より低く低身長の可能性があるなら、専門の医師に相談しましょう。

身長を伸ばすことは、親子ですることです。

特に身長コンプレックスで子どもが悩まないようにするには、親が成長を見ながらサポートしてあげることも大切です。

成長期を過ぎてしまって後悔しないためにも、親も一緒にきちんと向き合うようにしてください。

>>プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET