プラステンアッププラステンアップ 身長 不安
子どもが身長に悩んだときは、どうしたら良いか親も悩むことがあります。

身長は大きく分けて

遺伝などの先天性のもの

生活環境などの後天性

の2つがあります。

先天性でも遺伝の場合は、親もその家系も小さければ小柄になる可能性もありますが、親だけが小さいなら隔世遺伝など背が高くなる可能性はあります。
これは身長が高い家系でも同じですが、自分と同じ成長をしているのであれば、親も気持ちがわかるので相談に乗ってあげることが大切です。

後天性で低身長になる場合、気を付けたいのが親の愛情です。
幼少期での親の愛情は身長に大きくかかわってきますので、忙しくても子どもと接する時間は必ず作るように心がけてください。

男女問わず、身長に関しては悩む時期が来ることがあります。

子どもが悩んでいる様子があれば、親は一番の相談役になってあげることと、親も悩むのではなく経験があればその経験を活かしたり、病院に相談するようにしましょう。

身長が高くても低くても、それをコンプレックスではなく『メリット』と考えている人もいます。

悩みは性格さえも変えてしまうので、そうならないように身長が低いと悩んでいたら、親が身長が伸びやすい環境を作ったり寄り添ってあげてください。

身長アップにおすすめな食材「ささみ」

食べる子は育つというイメージがありますが、好き嫌いがなかったとしても暴飲暴食でただ量をたくさん食べることは子どもの成長に良いというわけではありません。

身長を伸ばすのにおすすめなのは低カロリーで高タンパク質な食材「ささみ」です。

鶏のささみは筋肉を必要とするアスリートなどに良く食べられていて、脂肪が少ないことも良く知られていますよね。
タンパク質は成長ホルモンの分泌には必要な栄養素です。

ささみは価格的にも高くないし、茹でる・蒸す・揚げるなどレシピもいろいろあるので食べやすく、調理法によっては好き嫌いなく食べることができます。

そのままだとパサパサが苦手という子でも、工夫次第でおいしく食べることができるのはうれしいですよね。

低カロリーということで、太るのを気にしているお子さんも安心して食べることができますが、カロリーを気にするのであれば油を使わない料理のほうが良いでしょう。

とはいっても、やはりこれだけ食べていれば良いというわけではなく、身長アップを考えるならバランスよい食事が重要になります。

ささみだけでなく、そのほかの栄養もきちんと摂ることが効率良い身長アップになります。

>>プラステンアップの詳細を今すぐチェック