プラステンアップを飲むなら何歳~何歳までOKなのか?

年齢制限があるらしいが、それは栄養素の摂取量は年齢で変わるからってこと。

プラステンアップを飲むなら何歳まで許容範囲なのか調べてみた。

プラステンアップの公式サイトを確認すると”12歳を過ぎたら””中高生専用の成長サプリ”と書かれています。ということは、12歳から18歳までが対象ということになります。

年齢に多少の前後があったとしても、基本は12歳から18歳に飲んでもらうために作られたものであることが分かります。

なぜ年齢を12歳からとされているのか?

成長サプリと言えば、小さい子を対象にした製品は多く出回っている印象があります。

プラステンアップの場合は、男女共に大人の体つきに近づいていく中高生を対象にしているため栄養の摂取量が小さい子と違うという点をあげています。

中高生には成長に必要な栄養量が子供とは変わってくるため、プラステンアップが支持されています。

では、小学生と中高生ではどの必要な栄養量が違うのでしょうか。

伸びる土台に欠かせないカルシウムなど成長に必要な栄養素をいくつか例にとってみましょう!

<カルシウム量>
・6歳の場合⇒600㎎
・14歳の場合⇒900㎎

※約1.5倍もの量を摂る必要がある

<亜鉛量>
・6歳の場合⇒5g
・14歳の場合⇒9g

※約2倍もの量を摂る必要がある

2つの栄養素だけでも必要摂取量がこれだけ違うのですから、最も成長する時期にある中高生が今までの子供向けの成長サプリでは役不足であることがよく分かります。

中高生は成長期のラストスパートと言っても良い。
この時期を逃すと大きく成長する時期はその後に来ることはほぼないのですから、いかに大切な時期かということが分かります。

成長期に必要な栄養素を毎日の食事から摂るのは大変!

成長期に不可欠な栄養成分のすべてを毎日同じ量をバランスよく摂取するのはとても難しい。
これは毎日食事を作ってくれているお母さんなら身に染みて分かっていることと思います。

土台の構成要素であり成長の土台を20%占めているカルシウム。
カルシウムを固めているセメントの働きをするミネラル。
ビタミンCと亜鉛は相互的に協力してハリのある毎日を応援する成分。
他、マグネシウムやビタミンDなど…全ての栄養素をバランスよく摂取するために作る食事って...大変なことは容易に分かること。

お母さんも毎日献立を考えるだけでも大変で、カルシウムを何g、ミネラル、ビタミン、亜鉛、マグネシウム…と細かい成分まで考えて食事を作るのは不可能に近い。

そんなお母さんの負担を軽くするためにもサポートしてくれるのが「プラステンアップ」です。

プラステンアップなら1日1杯(8g)で、必要な栄養が確実に補給できる。

たまに栄養をガツンと摂取すればいいだろうというものではなく、成長に必要な栄養素を長く摂り続けることで来るべき成長期にグーーンとお子さんが伸びてくれます。
その成長の手助けを栄養面からしてくれるのがプラステンアップです。
プラステンアップ 飲み方
手軽に飲めるように牛乳や水、ジュースなどに溶かすだけの粉末タイプ。
味はレモン味なのでお子さんの好き嫌いも少ないと思いますので毎日負担なく続けられると思います。

中高生に最も支持されているプラステンアップを試し飲みしてみませんか?
今なら初回限定の方に限って約80%OFFで飲み始めることができます。

⇒約80%OFFのプラステンアップ専用ページはコチラ!