プラステンアップとセノビック、どちらも成長サプリメントで子供たちに飲まれて評価も高い。この2つの違いは何なんだろう?

プラステンアップ セノビック

プラステンアップセノビックに成長サプリメント以外に共通点はあるのか?

調査した結果をまとめました。

成長をサポートするサプリメントであるプラステンアップとセノビック。
どちらも同じ働きをする製品ですが、大きく違う点があります。

それは栄養素の種類と量です。

なぜ違うのか?についてお話しします。

対象年齢の違い

プラステンアップもセノビックも、身長を伸ばしたい子や伸び悩んでいる子のために成長サプリメントとしてどちらも有名です。
評判も人気も高い2つの製品の違いは「対象年齢」です。

成長に欠かせない栄養素は年齢によって変わります。

セノビック⇒小学生までを対象
プラステンアップ⇒中高生を対象

いかがでしょうか?

小さい頃からセノビックを飲んでいる子は毎日の習慣になっていると思いますが、中学生になってもセノビックを飲んでいるのであればちょっと立ち止まってほしいと思います。

セノビックは確かに飲みやすいし、ドラッグストアでも取り扱っているので気軽に購入できるので一度は飲んだことがあるでしょう。
ただし、小学生までを対象にしているセノビックは、中学生が成長するために必要な栄養量が足りないという点があります。

ですので、12歳になったらセノビックからプラステンアップに切り替えるのがベストだと考えられます。

小学生と中高生に必要な栄養量の違い

1日に必要な栄養量の違いが小学生と中高生にはあります。
体つきも大人に近づいている中高生が小学生の時と同じ栄養量ではマズイ!というのは冷静に考えれば分かることです。

分かりやすく例えを出しますと
成長の土台となるカルシウムの1日の摂取量だと、6歳で600㎎程必要です。しかし14歳になると900㎎必要となります。
セノビックに含まれるカルシウムの量はコップ1杯に付き260㎎ということを考えると、中高生の成長をサポートするだけの栄養を摂取するのはカルシウム一つとっても難しいことが分かります。

カルシウム量だけに関わらず、身長を伸ばすために必要なアミノ酸マグネシウムリン亜鉛などをバランスよく摂取することを考えると中高生はセノビックでは役不足ということがよく分かります。

プラステンアップとセノビックの共通点

2つの共通点は、大きく成長するために必要な栄養サポートサプリであること。

そして、その年齢に合った成長をサポートする良い働きをしてくれること。

飲み続けることで成長期にグーンと伸びてくれること。

それぞれの役割は共通していても対象年齢に違いがあります。
小学生に必要な栄養量と中高生に必要な栄養量の違いを知ったところで、12歳からはプラステンアップへと切り替えて成長期を支えて上げましょう。
プラステンアップ成長サイクル
中高生の成長は成人へと近づくため、人生の中でも大きく骨格や体格が変わっていく大切な時期です。
この成長期のラストスパートにうまく乗るために、中高生に必要な栄養素と栄養分をプラステンアップで蓄えてください。

12歳になったら成長サプリメントの切り替え時期です。

⇒成長期にグーンと大きく伸ばすために12歳からプラステンアップ