生まれた時から小さかったり、同じ年の子と成長を比べた時に不安になることがあるかもしれませんが、多少の差であれば気にすることはありません。

ただ、明らかに身長が低いというときは「病気」の可能性があります。

両親や家系的に小さめだったり、幼少期に成長が遅くて同じような感じだったというのであれば先天的な遺伝要素もありますが、問題はそうでない場合。

低身長かもしれないのです。

特に確実に小さいというときは、まだ子どもだからと見過ごすのは良くないです。

どんな病気でも、

・早期発見
・早期治療

この2つはとても重要です。

自分の子がまさか病気だなんて、と信じられない方もいるかもしれませんが、実際に低身長という病気はあります。

そのため、他の子と比べたり、平均身長と比べて明らかに低いと思ったら、まずは病院に行きましょう。

専門のクリニックもありますが、近くになかったり、よくわからないというときにはかかりつけの小児科でまずは相談しても大丈夫です。

正しい指導や治療をして、早めの対応を心がけましょう。

低身長は病気ですが、そうでなくても成長指導などの相談もすることができるので安心です。

42.海苔のミネラルは背を伸ばすのにオススメ

背を伸ばすのに欠かせないのはバランス良い栄養ですが、そのひとつに「ミネラル」があります。

よく背を高くするには亜鉛やマグネシウムが必要といいますが、これらはミネラル類で、骨を伸ばす役割があるので、絶対に欠かせないのです。

しかし、残念ながら最近では食の欧米化や偏食によってミネラル不足になってしまい、結果的にタンパク質の合成が遅くなり、骨を作ることができずに背が伸びないことも。

では、ミネラルはどんなもので摂れるのか。

ひじきやわかめ、海苔などの海藻類がありますが、ひじきやわかめは料理に使われるので、そのまま食べることができませんよね。

料理でひと手間かけなければいけないし、毎日食べるのが難しいこともあります。

そのため、一番手軽でおすすめなのが「海苔」なのです。

海苔は、ミネラルだけでなく食物繊維や多くの栄養がとれますが、一番栄養がしっかり摂れるのは海苔の佃煮になります。

嫌いな子も少ないので、ごはんやおにぎりに使うだけでなく、刻みのりなどおかずにかけてみたり、おやつでいつでも食べられるようにしておくのも良いでしょう。

>>只今キャンペーン中!プラステンアップを公式サイトでどこよりもお得にGET