プラステンアップの効果を最大限に引き出すコツで「飲む時間」があります。プラステンアップは飲む時間帯を変えると効果がアップするという噂を検証してみた。

プラステンアップを飲む時間帯は、公式サイトを見ても説明はありません。
それは、プラステンアップがサプリメントと同じで医薬品とは違い飲み方、飲む時間帯など決めなくても人体に支障がないからです。

だからと言って1日何杯も飲むのはおススメしません。稀にお腹が痛くなることがありますので。
1日に何杯も飲むよりも、毎日1杯を継続して飲むことが大切です。

毎日飲むとして、飲む時間帯は食後がいいのか、食前がいいのか、朝・昼・夜ではどこがいいのか…など、効果がある飲み方・飲む時間について調べました。

プラステンアップを飲む時間はいつが一番いいのか?

プラステンアップ
プラステンアップを飲む場合、より効果が出やすい時間というものがあります。
これは成長ホルモンの分泌と深い関係にあり算出されたものです。
公式サイトには書かれていない情報なので知らない方も多いかもしれませんが、ぜひ実践してみて下さい。

結論から言いますと、飲む時間帯は「夕食後から就寝2時間前くらいまで」です。

なぜ就寝2時間前くらいまでで寝る直前に飲んではいけないのかというと、胃に内容物が残っていると睡眠中も内臓が消化吸収のために働いてしまいます。
そうなると睡眠の質が低下する、疲労を蓄積すると考えられているからです。

またせっかくプラステンアップを飲んで栄養素を取り入れたのに吸収しきれないまま眠ってしまうことになります。

だから寝る直前に飲むのではなく、就寝2時間前くらいまでが効率的に栄養を吸収すると考えられます。

また、就寝中は成長ホルモンの量が最も多く分泌されます。
ですので、この時間帯に飲むのが最も効果を発揮しやすいとされています。

成長ホルモンの分泌量について誤解されている事

成長ホルモンの分泌は寝ている時が一番多いとされています。
また、眠っていた方が良いとされているゴールデンタイムというものがありますが、それが22時~翌2時までの間とされています。

ただ、最近では22時から寝た方が良いということよりもスマホやゲームなどをして寝る直前まで目を使うことの方が睡眠の質を下げるとされています。
なので、にせめて1時間前から就寝準備を行うことが大切だとされていて、これは質のよい睡眠を取るために重要なこととされています。

22時から眠るのは理想ではありますが、勉強や塾、友達との付き合いで22時に眠るのは難しい高校生も多いでしょう。
ですので、せめて質の良い睡眠をすること、その時間を1時間でも多く確保することをおすすめします。

なぜ眠る準備のことを重視するかというと、成長ホルモンの分泌量が最も多いとされているのは、眠りについて最初に来るノンレム睡眠の時間帯だからです。
貴重な時間なのでこの時間を大切にして欲しいのです。

1日プラステンアップを1杯飲むこと。

飲む時間帯は夕食後~就寝2時間前までに。

2つを守って成長期に栄養をたくさん蓄えて、大きく育ってください。

→→→プラステンアップを一番お勧めな安心安全の公式サイトでお買い求め!